スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨン様弁当講座 vol.1

  • 2009/11/27(金) 02:35

やっと来ました来ましたオモニからレシピの校正(笑)が!
いきなり聞いたらオモニもびっくりしたらしく
「うちのが正しいかどうかさぁ…」と、検索したりしたみたいです。
オンマ、ミアネ!サランヘヨ~♥


今日は第1回目、「椎茸ジョン」を紹介します。
順番の写真はないです。今写真撮るの本当無理…
順番写真はお正月に作ったら公開しますね!
「표고전 ピョゴジョン(椎茸ジョン)」
ピョゴジョンは普段の食事でもよく食べる簡単なおかずですが、
「イバジ飲食」と言うお嫁に行くときに持って行く料理の中にも入るらしいです。
材料や作り方の丁寧さが違うと思いますけどね。

普段は牛肉で作りますが、豚肉で作る人もいますし、
ヨン様弁当の写真をみるとあれはエビで作ってるみたいですね。
えびの方がもうちょっと高級感はある気がします。

今日はとりあえず牛肉ピョゴジョン。

材料と分量はてきとーに!食べたい分、準備して下さい。
だってお肉残っても「トングランテン(肉団子みたいな小さいジョン)」作ればいいし笑

1)中間サイズの干し椎茸の黒いやつを、お湯に入れて戻しておく。
(戻しすぎると不味くなるらしい…当然か;)

2)表面(外側)に十字の切れ目を入れる。

3)牛肉のひき肉、豆腐をつぶして水を切ったの(お肉よりは少量に)に
適量の塩こしょう、ごま油、ネギのみじん切り、ニンニクのみじん切りをいれて
ちょっと粘り気が出るまで手で混ぜる。手で混ぜるのが韓国料理の味の秘密!笑

「韓国料理と手の味」に関しては12月16日発売の
3分クッキング1月号をご覧あれ!ウェブでも見れます~

あっそうだ。ここで、粘りを増やすために小麦粉や少量の卵を入れる人もいます。
あまり粘りがないと、あとでお肉が粉々になってキレイにつくれないので。

4)さっきの椎茸の水を切って、
外側にはユジャン(韓国しょうゆ:ごま油=1:1)を塗り、
中にはお塩をちょっとだけかけて(本当にちょっとだけ!)
小麦粉を少しふりかけます。
これで椎茸とお肉がくっつきます。

5)椎茸の中にお肉をつめて、平になるようにしておく。

6)大きめのキッチンパットなどに小麦粉をかけておいて、
5のお肉の面だけに小麦粉をつける。反対側(椎茸の表面??)に
小麦粉が付かないように気を付ける。

7)同じく、お肉の方だけ、卵を塗ってフライパンで焼く。
お肉に火が通ったら、椎茸の丸い形が
真っ平につぶれないように注意しながら
反対側もさっと焼く。

お家ようなら裏も表も卵にドッボーンでいいですけどね笑
せっかくだからキレイに作ってみましょう。

ピョゴジョンは、これで完成!
簡単でしょう~ 日本にも似てる料理あるみたいだし…
初めての韓国料理は、ピョゴジョンで如何?



※ネットのレシピをみると、
お塩などヤンニョン(調味料)の代わりに、焼き肉のタレを少量使って味つけをする人もいるらしいです。ハンバーグ用のお肉を買って簡単に作る人もいるらしいですね。あのお肉は、椎茸の代わりにエゴマの葉っぱにつつんで、餃子みたいな形のジョンにしても美味しいです。私も大好き!




今日の単語
표고버섯(ピョゴ・ボッソッ、椎茸)
소고기(ソゴギ、牛肉)
돼지고기(デジゴギ、豚肉)
새우(セウ、エビ)
소금(ソグン←ソグム、塩)
간장(ガンジャン、しょうゆ)
후추(フチュ、こしょう)
기름(ギルM、油)
참기름(チャMギルM、ごま油)
파(パ、ネギ)
마늘(マヌL、にんにく)
지지다(ジジダ=チジダ。多分、チヂミの語源。フライパン等で焼く)


ではではまたね♪
ジャLジャ☆

スポンサーサイト

鎌倉で見つけた東方神起?たこ焼き

  • 2009/11/22(日) 22:47

ピリ辛ジョジョです。

レシピお待ちのみなさま☆
レシピは、今日ちょうどオモニから電話があったので
監修してもらうことをお願いしました。

この何日間、色々調べてみましたが、
やはり人によって料理の材料や作り方が違うんですね。
椎茸のジョンひとつにしても豚肉を使う人、牛肉を使う人、
肉を入れない人もいて、混乱しちゃったジョジョ。
これじゃ会社でまた「ニセコリアン」と言われても仕様がない…
「自分んちはどうだったっけ…」と思い出そうとしても全然思い出せず
結局今日SOSを…。

ペ家ではなくジョ家の味になってしまうかも知れませんが、
一応プロ主婦のオモニに監修してもらいます。
しばしお待ちを。
また、ヨン様弁当「3」の詳細の写真をお持ちの方は、
見せて頂けると助かります☆




さてと、最近鎌倉によく行きますが、
江ノ島でちょっと面白いお店を発見したので載せてみますね。

CA370116.jpg

東方神起 I♥タコ???
全く意味不明…
東方神起さんが訪れたんでしょうか。謎々ですね…
もしかしたら「東大神起」なのか??
もっともっと謎ですね。
私が知らない日本の四字熟語だったりしたら恥ずかしいな。
今度は勇気を出して聞いてみようと思います。

ではでは!
「ジャLジャ」(おやすみなさいのため口バージョン)

※ボーナス
「タコ」は韓国語で「문어 ムノ(ムンオ)」
足長のタコは、「낙지 ナクチ(ナKチ)」です。
ナクチは、すーっごい辛い炒め物にするか、踊り食いにします。
ジョジョは両方食べれないのですが…

お正月は手作りヨン様弁当

  • 2009/11/20(金) 01:14

bento_pict.jpg

(写真は http://www.sej.co.jp/products/goshire0906.html から)

お正月は手作りヨン様弁当(高矢禮(ゴシレ)弁当)と、
これまたすごい企画を立ち上げてしまった。

もともとは、ご存知通り私、外国人なので
ちゃんとしたお節を食べたことがなく、
「今年こそ高くても買って食べてみよう」と思ったのが、
ー>やっぱりすっごい高い
ー>量が多すぎる、お一人様用は選択肢が少ない
ー>というか、料理雑誌のデザイナーなんだから黒豆くらい自分で作れ
ー>本棚から『お正月の手帖(暮らしの手帖社)』発見
  (いつ買ったかも覚えておらず)、読み始める。
ー>ZASETSU
ー>またお節の通販サイトに戻る
ー>メニューの中で「韓国風お節」「中華お節」発見。これだ!
ー>「韓国風お節ってお節じゃないし」とか、心の声は無視
  マックで買う人だっているらしいし、それよりましじゃん!
ー>「韓国風お節、自分で作ってみせますから」と、口走ってみんなに言ってしまう
ー>もう戻れなくなった。自分を憎め。
ー>そこで、ヨン様事件でいきなりブログ爆発
ー>お礼として、どうせ「韓国風お節」なんだから
  「ヨン様弁当」の作り方でも紹介しようかなと思いつく。やっほー


…てことで、年末の特集で「ヨン様弁当3」“風”弁当の作り方を教えます。
私も韓国料理研究家でもなんでもないので結構大変!
でも入っているおかず自体がそんなにめずらしかったり、難しい料理ではないので
どうにかネット検索や、「オモニ」に聞いて作ってみるつもりです。
その検索の結果や、人によってそれぞれの作り方も紹介していくので
韓国料理に興味のある方は読んでみて下さい。

毎日連載はできませんが、(言った!)
2-3日に一度は更新して年内にちゃんと終わらせたいと思います。
(一番好きな日本語「~したいと思います」)
このブログっていつも約束破りまくりですが
今度って今度こそです。

そうだ!あと、もちろんお正月だからトックッ(お雑煮)も作りますよ。
お雑煮大好き~

ではでは よろしくお願いします♪
(頑張れ自分☆やっほー)

韓国人もびっくり

  • 2009/11/17(火) 03:57

平和なピリブロがなんだかえらいことになっちゃいました;

OMFG.jpg

なにこれ;1132とか、目を疑います。
原因はヨンジュンシ? すごいよヨンジュンシ…
アジア各国からの新規アクセスにびっくり…
ヨン様の人気は日韓だけじゃ狭いのか。
でも検索キーワードみてみたら
意外と韓国料理だったりハングルだったりするんですよね…
あーよー分からん

すごく責任感じるのですがどうしよう!何を書けばいいんだ;
ここって地味な、地味なハングルブログなのに
今日は韓国つまみの事を書く予定だったけどなんだか
そんなの書いたら1132人に怒られそうで…

1132人のみなさま、とにかく新しい本をよろしくお願いします。
そして意見も聞かせて下さい。ここにコメントでもいいし編集部にはがきでも…
こんな写真がよかったとか、こんな記事がみたいとか
こんなことインタビューで聞いて欲しいとか。
私にできる事はそれを編集部の方に伝えるぐらいかな…。

あと、12月に短期連載予定だった「韓国おせち作り」は、
「ヨン様弁当風韓国おせち作り」に変更してみることにしましたので。
よかったら作ってみて下さい。

とりあえず今日はもう4時すぎてるので寝ます。
明日また考える!
ではでは。

ヨン様をよろしく~

  • 2009/11/14(土) 04:26

後輩にゼッタイ更新すると約束して二日目。
さすがにちょっと恥ずかしいので更新します。

今日は最近できた本の自慢を。
ちょうどこのブログの趣旨とも合う本が、
昨日発売されましたので宣伝しちゃいます。

CA370117-01.jpg


まだフロッグの新刊紹介にも上がってない
アツアツの新刊本でございます。
歴史あるあの「ヨン様本シリーズ」最新版
正式タイトル「日刊スポーツがみたペ・ヨンジュン08-09」。
今年のイベントのレア写真がたっぷり、噂のあのはがきも。
よっし、なんだかちゃんと宣伝らしくなってきたぞ…

編集者の方と私と、富士山ぐらい積んである写真の中から
(なんて外国人っぽい例え;;;)
「ま、まぶしくて目が見えません!」的な写真だけを選び抜いています。
いつものピリ辛ジョジョの大げさですって? 
いやいや本当本当。
写真一枚一枚を観て観てまた観て選び選んだ
今年最高のヨン様をどうぞ。

そんなに数のある写真の中に、変顔、微妙顔どころか
目つぶった写真さえも一枚もないペさん。すごい。
徹底的な自己管理と研究がないとできないだろうな。
最近アジアのテレビビジネスや
韓国文化関連のビジネスも始めたらしいですが、
ビッグになればなるほど、
やることのスケールも大きくなっていってますね。
こないだは大統領に会いに行ったみたいですし。
病気にならないで頑張って欲しいです。



彼が出した「韓国の美をたどる旅」は、
最近手にした韓国関連書籍の中で一番気に入った一冊。
実は2冊だけど笑

CA370120-01.jpg

日本版をみて、すごく内容がよかったので
日本に来る友人に頼んで韓国版も買って来てもらいました。
韓国人である自分も知らなかった「韓国の美」のことがいっぱい、
勉強する気持ちで読んでいます。
コリアの伝統文化に興味がある方はどうぞ。
明洞や南大門もいいけれど、
韓国の山奥のお寺に、一人旅に出たい気持ちになります。

以上、
「お正月はソウルの実家のソファーでころころしたい」
ピリ辛ジョジョのおすすめ韓国関連書籍、第一弾でした。
この何ヶ月間のポスティングが料理の話ばかりだったので
たまには本の紹介もいいかなぁと。

ではまた。
明日は多分また食べる話です笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。